長尾の中華そば

2

長尾の中華そば

今日はまだ1月3日なので、混んでるだろうなと思ったら、案の定混んでいて、並んでいました。

 

長尾の中華そばは西バイパスのガーラタウンのすぐ近くで、市内だったか県内に4店、店を構える人気店です。

 

私は幼少期にラーメンでアレルギーになって、それ以来30年ラーメンが怖くて食べれませんでした。

同じくチョコレートのアレルギーもあったんですが、チョコはいつの間にか治っていました。

 

なので、

 

「ラーメンも治っているのではないか?」

 

と勝手に良い方向に解釈して、昨年嫁と初めて行ったラーメン屋が『長尾の中華そば』でした。

 

アレルギーはチョコと同じく治っていて、昨年の夏くらいから、失われた30年を取り戻すが如く、ラーメン屋に通っています。

 

青森市はこんなに人口が少ないのに、ラーメン屋は一体どれだけあるんだ?

というくらいラーメン屋が多いです。小さい所も入れると300軒くらいあるんじゃないでしょうか。

 

ラーメン激戦区なのです。

 

という訳でマズイラーメン屋は生き残れないので、自然とレベルも高く、毎回どの店に行こうか悩みます。

 

青森は特に『煮干だし』のラーメンが多く、これは好みがハッキリ分かれます。

 

九州の人はイメージ的にとんこつなんですが、青森は煮干。

 

もう中毒っぽくなっている人も多数知っていますし、実際私も煮干だしは、もちろん店によりピンキリですが、凄く美味いと思っています。

 

この長尾の中華そばは、私は個人的に煮干系なら5本の指に入るくらい好きです。

 

スープが濃すぎず、薄すぎず、麺の種類も抱負だし、トッピングも安い。

 

写真はフラッシュが付いてしまいましたが、店でも一番人気の『こく煮干』ネギと角切りチャーシュートッピング。

 

煮干系は癖になるので、1回食べるとまたすぐに行きたくなります。

 

金銭的にも身体にもあまりよくない&中年なので、行く回数は控えめにしているのですが、昨年夏から平均すると2週間で3回は行ってますね、ラーメン屋・・・。

 

いつの間にか嫌いな食べ物から一気に大好きな食べ物になりました。

 

こんな吹雪の日は尚更美味しく感じました。

この記事へのツイート


Twitter Comment

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。