終末のフール2013

N825_yakushimanoyuguretoumi500-thumb-125xauto-2241

終末のフール2013

2013.03.11. 日記 0 コメント

終末のフールというのは私が一番好きな小説家である、伊坂幸太郎氏の作品のタイトルです。

 

ここの所の日本の寒暖の差や、関東で日中からおかしな空模様などの現象をみていると、地球はもう末期なのかな?と思ってしまいます。

 

そして今日は3月11日という大震災から2年たった日でもあります。

 

ニュースでも、新聞でも、ツイッター、フェイスブックなどでもこの話題ばかりなのも、当時の被害を思えば当然の事なのかなと思いました。

 

個人的には2年前の3月11日は、家族全員この寒い中ストーブもつかないので、凍えながら夜を過ごしました。

 

そして、翌日、翌々日になり、携帯のワンセグで断片的にしかわからなかった被害が、電気が復活してTVをつけてから衝撃の映像と共に何度もリピートされる。

 

という時間差で被害を知り、だんだんと現実に引き戻されました。

 

自分たちは電気が2~3日止まっただけで、あの不便さを味わいましたが、被災地の人達はそれどころではありませんでした。

 

私はその頃、まだせどらー兼アフィリエイターでした。

 

しかし、1ヶ月以上流通が止まり、せどりの収入はゼロ。

 

アフィリエイトもやる気がなくなりました。

 

流通が復活し、せどり・オークションはまたやり始めましたが、苦行だったアフィリエイトは、だんだんメルマガを発行する頻度も落ちてきて、そのままフェードアウト。

 

2011年は、このままの生活ではいけないと思い、その後職業訓練校に入ります。

 

私なりにネットビジネスばかりでなく、人との関わりを持とうと思った年でもありました。

 

せどりやオークションは物を売っているので、まだ良かったのですが、アフィリエイトのように、形のない物を売るのに違和感を覚え、少ないながらも毎月収入を受け取りながら、それが良い行為なのかどうか麻痺していたように思います。

 

面倒なので過去のブログを見るような事はしませんが、恐らく私は元々ほとんどアフィリエイトをしないスタイルだったものが、その年はますます売り込みしないアフィリエイターになっていたかと思います。

 

それでも一度もリンクを貼っていないのに、シリウスというサイト作成ツールを4個お買い上げ頂いたり、放置の寄騎キラーページからツールを20個売っていたりと、なんだかんだで報酬は発生していました。

 

でも、アフィリエイトに対する魅力はもはや感じなくなっていました。

 

私にとってアフィリエイト=お金で、言うなれば、サラリーマンが会社に行って給料をもらうだけの状態と言えば良いでしょうか?

 

いわゆる「やりがい」というものを微塵も感じなくなっていました。

 

だから、サイトアフィリエイトからも手を引きました。

 

私は自分で言うのもなんですが、20サイト作れば報酬が5万円は発生していました。

 

それを聴いて、これは私と今事業をやっている友人ではない、違う友人が

 

「じゃあ100サイト作れば25万じゃね?」

 

とサイトアフィリを始め、実際毎月30万以上稼ぐようになり、商材も販売していたようです。

 

私としては複雑ですが、彼のがめつさは、友人内でも有名でしたので、まあいいやと思っていました。

 

何を言いたいかと言うと、私は確実に稼げるノウハウを持っています。

 

そして、やれば必ず結果が出る事も知っています。

 

でも出来なくなっていた・・・。

 

お金の為だけにやりたくなかったのです。

綺麗事に聞こえると思いますが、実際行動を促す為には私の意思が必要であり、意思の方が拒絶している限り、行動に移す事は有り得ません。

 

でも、2013年3月から仲の良い友人と、事業の一環として、サイトアフィリも手伝っています。

 

その前からアドバイスはしていましたが、今では私よりもサイトを作る能力やセンスは確実に上です。

 

「じゃあ、あんたのする事ないじゃん」

 

と思うかもしれませんが、私のやる事は文章のチェック。

 

売れるサイトにするには必須であり、これは私も自信があるし、今は情報商材ではなく物販のサイトアフィリエイトなので、心に引っ掛かるものもありません。

 

そして、いくらSEOで順位を上げた所で、成約率が悪ければアクセスの垂れ流しです。

 

私は10人見てくれたら1人に買ってもらうつもりの文章や構成にしますので、友人の手伝いをしていてもライバルチェックで、このサイトには負けないなというのがわかります。

 

ちなみに私の苦手な所は全部友人がやってくれているので、本当に助かっています。

 

私一人だったらたぶん、1サイトも完成させる力がまだ戻っていないと思いますので。

 

いうなれば、リハビリ期間です。

 

そしてこのリハビリ期間でも報酬は上がって行きますので、年内法人化は変わらず目指します。

 

友人は今年前半期で狙ってますが、現実的に考えると年内になるんではないかと推移しています。

 

とまあ、だらだら書いてますが、要するに、面白くないこと、楽しくもない事をしてお金をもらうなら、サラリーマンと一緒で、自営業の意味、その上の法人化の意味はないという事です。

 

楽しい事、人の役に立たないビジネスなんて終わってます。

 

5年10年20年と続く訳がありません。

 

もちろん、10年後も同じことをしているかはわかりません。

 

時間の流れが速いのがネットビジネスですから。

 

しかし、今の能力を磨いていけば、ネットで食べていける力はずっと続くはずだと思っています。

 

TVなんて最初からみませんが、TV→ネットのように、時代は変わってきました。

 

ネット→○

 

と、何かに変わる可能性もありますが、もう現代人で一つの会社で最後まで働けると思っている人は極僅かでしょう。

 

お金をもらうのではなく、自分で稼ぐ時代に本格的に入ってきたなと実感する日々です。

 

うつがヒドイ時は何もしたくありませんでしたが、今の私にはきちんとした目標とやりたい事があるので、達成するために努力していきます。

 

努力したくても出来ない人に比べたらまだまだ甘い。

 

出来ることは最大限やるべきだと思います。

 

 

この記事へのツイート


Twitter Comment

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。