毎日が筋肉痛

a0002_010312

毎日が筋肉痛

2013.07.16. 日記 0 コメント

肉体労働特有の今日も働いたぞ感がありますが、これは正式には運動で得る達成感と同じなので、何と言いますか慣れてはいけません。

 

慣れるとうちに帰ってからのネットビジネスの仕事が、

 

「今日は働いたからいいや、明日からやろう」

 

という非常に悪い習慣が身につく可能性があります。

特に初心者の方ね。

 

私はさすがに何年もやっていると、ネットビジネスの方が習慣化しているので、そういうのはないのですが、普通に会社でフルタイム働いてる人の気持ちもよくわかります。

 

私は最近自己対話というか自分自身と自問自答を繰り返していますが、中でも過去の事において、

 

「もう少し諦めないで続ければもっと早く成功していたのではないか?」

 

と思うことが確認的に強くなっています。

 

いわゆる山から見た場合、自分の目標が山の頂上として、登ってる本人はわからないけれど、すでに上に登っている人からみると「お、あいつ、もう少しで頂上まで来るな」

 

というのが今思うと何個もあったのではないかと思います。

 

様々なアフィリエイトに手を出して、たぶん全てのアフィリエイトに手を出してるとは思うのですが、アダルト、ブログ&メルマガアフィリ、サイトアフィリは、本当にあと少しの所で我慢出来なくなったんだと今ではわかります。

 

今はアフィリは友人とのサイトアフィリのみですが、私は外注管理とSEO関係が主な担当です。

 

記事は友人の書いたいわゆるキラーページを客観的に見てアドバイスしたりする感じで直接は書いていません。

 

キーワード選びやメインサイト作成は今は友人の方が力があるし、その場その場で思いついたアイデアは伝えるようにしていますが、基本的にお任せです。

 

アフィリエイトは友人がメインで、私は補佐。

 

こんな図式になっています。

 

一方の転売は海外輸入で大きな失敗をやらかしてからは、ここ2ヶ月仕入れていません。

 

売上はそれなりに上がっていますが、当然ながらもう在庫があまりないので、急激に右肩下がりですが・・・。

 

国内転売、海外輸入は私の担当なので、何とかしなくてはいけません。

頼もしい師匠もいるのですが、現在は自分との戦いというか、マインド面なのでしょうか。

 

今までこんな事はなかったので自分にビックリしています。

 

普通に十万単位で注文していたのに、失敗があったのもそうですが、非常に臆病になっています。

 

実は1ヶ月本当に全く何もしていなかったのですが、先月辺りから「このままでいいのか?」と自問自答を繰り返し、ようやくもう一度やろうと決心がついたのが昨日です。

 

きっかけは些細な事です。

 

2ヶ月前に仕入れようかどうか悩んでた商品があったのですが、ハッキリ言うと私の買ったマニュアルには書いていないリサーチ方法です。

それこそ師匠直伝の。

 

師匠を信じていなかった訳ではないのですが、前述したように本当に大きな失敗をやらかしているので、たった3~5万の仕入れでも臆病になっていました。

 

2ヶ月ずっとそんな感じだったのですが、たまたま目に入ったTVのニュースなのか、流行りもの特集なのか正確には覚えていません。

 

とりあえずTVで○○が今年は流行しています。

 

と出ていたのですが、それが2ヶ月前仕入れようか仕入れないか散々悩んでいた商品でした。

 

ギャンブル要素が強いと躊躇していたのですが、仕入れていれば今頃結構な額稼いでたと思います。

 

後悔はありますが、それはもう終わったこと。

それよりも、本当にこのリサーチ方法でイケル!と思ったのがもう一度挑戦してみようと思ったきっかけです。

 

そもそも初めてのビジネスで10万単位で仕入れて、いきなり成功すると思っていたのが浅はかでした。

 

まずは数万円でテストをしてからというのは、マーケティングをかじったことがある人なら当たり前の事なのに、早く稼ぎたかった私はその過程をすっ飛ばしました。

 

本当に基本て大切ですね。

 

もう同じ失敗はしません。

 

お金がないので10万単位で仕入れることもしません。

 

まずは3万円、これを雪だるまのように転がしていこうと思います。

 

今が7月なのでリサーチはやり直しです。

 

1週間以内に仕入れる商品を決めて、発注をかけれるよう行動してみようと思います。

 

私が2ヶ月何も仕入れていない間にライバルも大幅に減っていました。

 

仕入れて失敗したなというものが、何故か売れ始めているので、継続は力なりを忘れずに今度は手が止まる事はないよう目標達成を目指します。

 

 

 

この記事へのツイート


Twitter Comment

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。