インプット症候群

img021

インプット症候群

2013.01.20. 日記 0 コメント

こんにちは。

プロフィールを未だに完結させないまま、すでに1ヶ月が経とうとしています。

もはやいつ完成するかわからないので気長に待ってて下さい。

特に昨年からですが、

「自分には圧倒的に知識が足りない、もっとたくさんの知識を仕入れなくては」

と感じることが多く、
まるで病気のように知識を仕入れようとしています。

よくインプットよりアウトプットの方が大事だと言われていますが、
私は全くそうだとは思いません。

ひどいのになるとインプットなんていらないという輩もいます。

例えば英語を例にしましょう。

何の単語もわからなく、文章も全くわからないのに、

「さあ、話せ」

と言われても絶対に無理でしょう?


パソコンを触った事がない人に

「HTMLとCSSで自分のホームページ作ってね」

と言われても不可能でしょう?


私はアフィリエイター時代、スーパーノウハウコレクターでした。

ひたすら情報商材を買い求め、塾にも入る。

しかし稼げない。

この場合ですと、

「アウトプットが足りない」

と言われても文句は言えません。


私は今は個人事業主ですが、収入がある一定を超えた場合、
会社にしてしまった方が税金面や社会的信頼も全然違うというのはわかっています。

そして、もちろんそれを目指しています。

そうなった場合に、アレも知らない、コレも知らない。

では済ませる事が出来ません。

「知らなかった」

で、そんなのは関係なしに逮捕となる場合だってあるのです。


私は10代後半~20代はほぼ音楽に時間を費やしました。

今でも自分が日本有数のメロディーメーカーだという自信はありますが、
残念ながら、本人がそう思っても世間では全くそうは見られません。

負けず嫌いなのと、ストックもあるので、音楽に関して言えば、必ず復活したいという強い気持ちがあります。

一方で、今音楽だけをやる訳には行きません。

嫁もいますし、両親も高齢です。

20代で生活の基盤を作れなかった私は、
人の何倍も努力して知識を身に付け、ハンデを感じさせないで、
ずっと働いてきた人達と勝負しないといけません。

その為には、ここほんの何年か勉強しただけでは、知識も経験も全く足りないのです。

確かにネットで稼ぐ手段も、文章術も身につけました。

でも、これだけでは戦えないのです。

これだけでは、いつまでも

「青森の求人はロクなものがない」「給料が低い」

と文句を言うだけで何も行動しない人と、大きな括りでは同じなんです。


そういう人達とは圧倒的に違う武器を身に付け、自分で創造する力を身につけないと、
『そこそこ』で終わってしまいます。

私には目標があります。

その目標達成の為には、何もかもが足りません。

でも、「●●してから~」みたいな、まあ私の友人にもいますが、
そんな悠長な事は言っていられないのです。

行動しつつ、知識、経験を身に付け、
ひたすら前に進む以外に道はないと思っています。

先に言ったようにハンデがあるのですから、
人の何倍も努力をしないと、
20代からビジネスというフィールドで戦ってきた人達とは戦えないのです。

だから、まだまだインプットが圧倒的に足りないので、
時間があれば少しでも勉強しないとダメなんです。

病気もありましたが、もうだいぶ治っていますし、
かつての自分を取り戻しつつあると思っています。

正解がないのがビジネスの世界ですが、
努力は他人は裏切っても自分は裏切らないというのも、もう知っています。

まずは今年の前半期まで、予定をどれくらいクリア出来るか。

全力を尽くします。


この記事へのツイート


Twitter Comment

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。