全くもって無知である

やってみればいいんじゃないの? » 日記 » 全くもって無知である
MS251_imayaranaidedousuru500-thumb-125xauto-2616

全くもって無知である

2013.03.22. 日記 0 コメント

今日は月に一度の通院の日。

まあ胃薬もらいに違う病院行く日もあるから正確には月2日だけど。

 

最近うつになったり普通に戻ったりの差が激しいので、そういう事を話すと、どうやら他の患者さんも多いらしい。

 

極端ですからね。

 

プラスの気温になったり猛吹雪になったり。

 

薬は相変わらず減らしたままだけど、完治していなかったのだなと改めて思います。

 

それで、私の読書好きは先生も知っているのですが、そういう病気関係のの本は全く読んだ事がないと言ったら驚かれました。

 

てっきり最低限、知識を持っているものだと思ってたらしい。

 

私としては、「プロに任せれば安心だ」

 

という感じで、自分の病気については全くの無知。思考停止状態。

 

と、いうことで、来月までに宿題を出されました。

ただ、指定された本を読んで感想言うだけですけどね。

 

早速買ってきて、じっくり読む前にパラパラとめくってみたんですが、どうやら食生活に問題ありのようです。

 

昨日質と量の事を書きましたが、ピンポイントで駄目な食材や、良い食材ってあるんですね。

 

あとで詳しく読みますが、いやはや、この病気との付き合いも長いのに全く無知でお恥ずかしい限り・・・。

 

身体で作られる物質とか、全く気にいたこともなかった。

 

これは前述の「医者(プロ)に任せれば安心」

 

という駄目な思考をずっとしていたせいですね。

 

敵を知るには味方からというのがまさにふさわしい。

 

きちんと読んで最低限の知識は身に付けようと思います。

 

全く新しい分野というか読んだ事ない分野の本なのでかなり新鮮です。

 

人体や病気オタクにならないように、ほどほどに読みますよ。

 

まあ、明日は昼で仕事終えるので、その後、私としては久しぶりにラーメン屋行ってきます。

たぶん、ラーメンもあまり身体によくなさそうだ。

 

でも今月たぶん初か2回目だし、これくらいならいいんじゃないかと自己正当化。

 

さて、寝るまでゆっくり過ごそう。

 

この記事へのツイート


Twitter Comment

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。