ライフスタイル

sky_343.jpg

ライフスタイル

日本人はどうして多数派の意見を、さも自分は正しいと言わんばかりに押し付けようとするのか?

 

例えば高校、大学を出たら企業に就職して、働き始める。

 

なるほど、一見もっともな意見に聞こえますが・・・。

 

最近では若者の就職難が叫ばれている中でも、あくまでこれを王道と考え、就職に失敗した人には負け犬という太鼓判を押す。

 

こういうのは私は違うと思うんです。

 

例えば私もそうでしたが、音楽がやりたい人もいれば、劇団に入り俳優を目指す人、料理人になりたい人。

 

色々な道に進みたい人がいて、フリーターをしている人も多いです。

特に東京には。

 

中には最低限のお金さえもらえればいいから、バイトしながら、半引きこもりのようになり、ゲームに費やしたり、アイドルを追いかけたり。

 

それもその人の人生だと思うのです。

 

さらには、親がある程度お金持ちで、別に一生働かなくても良いニートと呼ばれる人達もいます。

 

 

特にこのニートに対しては「働け!」と日本国民はまるでゴミのような目で見る人も多いように感じますが、それもその人の人生です。

 

他人が口出し出来る領域ではないと思うのです。

 

そもそも、心の病気で働けない人も増えています。

 

そういう人に働けというのは、

 

「俺はプロ野球選手なのに、何でお前は違うの?」

 

と言っているようなものです。大げさに言うと。

 

あなたがサラリーマンだとして、それは自分の意思でなったものでしょうか?

 

「俺はサラリーマンになって社長を目指す!」

 

みたいな人もいるかもしれません。

 

それはとても素晴らしいと思います。

 

でも大多数の人は

 

「周りが就職活動しているし、私もしないと・・・どうせなら有名企業がいいな」

 

というように、自分の意思ではなくて、周りに流されて就職したという人の方が多いはずです。

 

そんな周りに流されて、たまたま企業に入り、暮らしている人が、自分のやりたい事があって自らの意思でフリーターなったり、ニートになった人を避難するのは間違っているのではないでしょうか?

 

もちろん、就職活動は大変ですし、努力も必要です。

また、企業に入れたのはその人を欲しいと思った会社があるからですが、だからと言って、さも

 

「俺が正しい、お前は間違っている」

 

というのは迷惑以外何ものでもありません。

 

中には夢があってフリーター、非正規雇用で働いている訳でもなく、

 

「俺は精一杯努力した!でもうまくいかなかったから、こうなってしまったんだ・・・」

 

という人だっているのです。

 

そういう人に対して、あまりに乱暴な言葉ではないでしょうか。

 

 

もう一つ例を出します。

 

結婚。

 

これはどうでしょう?

 

婚活という言葉が一般化している現在においては、その行動自体が周りに流されているという証拠ではないでしょうか?

 

自然に好きな人が出来て自然に結婚するのが流れであり、結婚というのは無理矢理するものではないと思っています。

まあ日本は古来より『お見合い』という結婚の仕方もありますが、今ではかなり少数派です。

 

結婚に歳なんてどうでもいいのです。

周りの友達は友達。

あなたはあなたではないでしょうか?

 

私は既婚者ですが、それはそれで、いわゆる「多数派」からよく言われる言葉があります。

 

「何で子供作らないの?」

 

これですね。

 

私は『お金がないから』と答えていますが、そういうと、

 

「お金なんてどうにでもなるでしょう」

 

と非常に無責任な言葉が返ってくる事が多々あります。

 

二人合わせて年収200万円いくかどうかのお金でそんなバカのような博打は私はしません。

 

私は子供=リスクと考えています。

 

今現在ほとんど貯蓄もなしに、何とか生活している状態に子供なんて超高級品を手元に置く余裕なんて全くありません。

 

私は生きていけるお金と趣味の読書をしたり温泉に行ったり、嫁と楽しく過ごせればそれで満足なんです。

 

もちろん今の商売がうまく行って、そこそこのお金が貯まってくれば状況は変わってくるかもしれません。

 

だから今現在ハッキリ言って余計なお世話なんですね、というよりも、

 

「勝手に人の庭に入ってきて指図するんじゃねえよ!」

 

という心境です。

 

いや、いいんですよ、その人が責任取って子育てのお金出してくれたりするのなら。

子守をしたり何かあった時も手伝ってくれるなら。

 

結構そういう人達って何というか『上から目線』なんですよね。

 

自分はそうだからお前も云々・・・みたいな感じで。

 

だから、そういう覚悟も責任もなしに言ってはいけない言葉だと私は思っています。

 

今日は就職と結婚という事例を出してみましたが、人の領域に入ってきては行けないものでも、

多数派と自分が同じだから、それがさも正義だと言わんばかりに、無礼にズカズカと人の心に入ってくる人が、なんと多いものかと最近思うのです。

 

責任を持てないならそういうデリケートな部分に首を突っ込んではいけません。

 

人それぞれなんですから。

 

と私は思っています。

この記事へのツイート


Twitter Comment

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。