2014年ワールドカップ アルゼンチンVSイラン

やってみればいいんじゃないの? » サッカーの話題 » 2014年ワールドカップ アルゼンチンVSイラン
281無題

2014年ワールドカップ アルゼンチンVSイラン

これはアルゼンチンの守備が今までで一番脆いという点を差し引いても、

イランかなり頑張った試合だと思います。

 

本当に守りが固かった。

 

それでいてカウンターで惜しい場面も作り出していて、

2点くらい入っていてもおかしくない場面もありました。

 

しかし後半になっても動かない試合。

後半30分を過ぎても動かぬ試合。

 

アルゼンチンサポーターも早くゴールしろという応援メッセージで、

そこから何度となくゴールに向かいますが、イランのディフィンスが固い。

 

もう後半40分台に入り、これはまさかの引き分けかと思っていたらメッシです。

 

ボールを持つとドリブルで移動し振り抜いた左足はまるでデル・ピエロの左足バージョン。

 

こんなシュートを打たれたら止められるキーパーは存在しないか、

ヤマ勘で飛ぶかしかありません。

 

凄く美しいゴールがそのまま決勝点となりアルゼンチン勝利。

 

開催前はネイマールの大会になるか?みたいな見出しが多かったですが、

メッシの大会になるんじゃないかと思うには充分の得点。

 

でもイランも相当頑張りました。

 

日本なら中途半端になってここまで守りきる事は出来なかったと思います。

 

こういう1-0の試合は普通長く感じるものですが、

好きな国というのもありあっという間の90分でした。

この記事へのツイート


Twitter Comment

コメント&トラックバック

この記事へのコメントはありません。

コメントする

※メールアドレスは公開されません。